• X
  • Instagram

検品とは

検品とは? 重要性や作業内容など徹底解説

検品とは

物流業務において欠損などの不良品や誤配送を防ぐことは非常に重要になります。それを叶える工程のひとつが検品です。この記事では、検品の概要や作業内容、重要性などを解説します。

検品とは?重要な理由も解説

検品とは、商品の種類や数量、品質を確認し、入荷や出荷の際に不良品や欠品がないかをチェックする作業のことです。検品の方法は商品などによって異なりますが、一般的には商品の外側や中身、数量、ラベルの有無などを確認します。検品は、不良品を消費者に送ってしまうリスクや誤配送のリスクを低減できるものであることで知られていますが、ほかにも欠品や過剰在庫を防ぐうえで有効です。その点、商品の品質管理や在庫管理において重要な工程と言えます。万全の検品体制を整えることで、返品やクレームを減らし、顧客満足度の向上、およびコスト・時間削減を期待できるようになります。

検品の作業内容

一般的に検品は、入荷と出荷の際に行なわれます。

入荷の際の検品では、商品が倉庫に届いたときに発注した内容と一致しているかどうかを確認し、商品の品質や数量、状態などに問題がないかをチェックします。入荷検品のやり方は、商品の種類や量によって異なりますが、基本的には次の手順で行なわれます。

①梱包材の確認:梱包されている箱や袋に破損、汚れがないか。また、バーコードやラベルが正しく貼られているかなどをチェックします。
②商品の確認:発注書や納品書と照らし合わせ、商品名や型番、数量、色などが正しいかをチェックします。また、商品自体に傷や汚れ、不良品がないかを確認します。
③商品の保管場所を決める:商品を適切な場所に保管します。保管場所は在庫管理システムに登録し、バーコードやラベルで識別できるようにします。

一方、出荷の際の検品では、出荷前にピッキングした商品の種類や数量、状態を確認し、不良品の配送や誤配送が起きないようにします。出荷検品は、次の手順で行なわれることが多いです。

①注文内容との照合:ピッキングした商品と注文内容が合致するかを確認します。商品名、型番、色、サイズなどを詳細にチェックします。
②商品の確認:保管している間に傷や汚れ、破損などが起きていないかを見ます。また、梱包材が破損していないか、バーコードやラベルが貼られているかも確認します。
③梱包:商品と一緒に納品書などを梱包します。梱包材には出荷先や配送業者などのラベルを貼り、テープでしっかりと封をします。

企業の検品作業で起きる問題点

企業が自社で検品作業を行なう際、次のような問題点を抱えやすいです。

ミスの発生
一般的に検品は人の手で行なわれます。人の手で行なわれる以上、いくらベテランのスタッフでもミスが起きることがあります。たとえば、傷や欠損を見逃し、そのはは出荷してしまったりということが起こりえます。このようなミスはクレームを引き起こし、顧客満足度の低下を招いたりします。

人件費や設備費などのコストがかかる
検品を行なうには人が必要です。また、専用の設備も必要になります。これらのコストは意外と利益を圧迫します。この利益に影響を及ぼしうるところも、自社で検品を行なう際の問題点として挙げられます。

以上のように、企業が検品を行なう際には課題があります。これらの課題を解決するためには、人間と機械の協働やAIやIoTなどの技術の活用などが考えられます。

企業は、自社のニーズや環境に合わせて、最適な検品方法を選択し、実施することが求められます。

検品を外部委託するメリット

検品をはじめとした物流業務を外部の専門業者に委託すると、次のようなメリットがあります。

ミスの減少

外部の専門業者は、これまでの経験から検品でどのようなミスが起きるか把握しています。そしてそれを削減するためのマニュアルや体制を構築しているため、委託することで、検品で生じるミスを減少させることができます。

人件費の削減

EC市場では、繁忙期と閑散期の需要の波が大きいという特徴があります。自社で検品作業を行なっていると、繁忙期と閑散期の人員の調整がうまくできず、しばしば余剰な人件費が発生してしまうことがあります。しかし、専門の業者に委託すれば、このような調整は不要となります。人件費が膨らむリスクを低減できます。

設備コストの削減

検品をはじめとする物流業務は相応の設備が必要になります。たとえば、検品では専用のスペースやハンディーなどを用意しなければなりません。特に倉庫の規模が大きい場合、機械の数も増やさなければならず、メンテナンスや買い替えも必要になります。また、倉庫管理システムの仕様が変更されれば、既存の機器などが使えなくなる可能性があります。このような設備にかけるコストを削減できるところも、外部の専門業者を利用するメリットです。

まとめ

検品は良質な物流サービスを提供するうえで重要な工程です。ただし、専門的なノウハウなどがないとミスが起きたりし、余計なコストがかかったりします。検品をはじめとした物流業務を自社内で対応する際はきちんとした体制を構築しましょう。もしそれが難しければ、外部委託を前向きに検討することをおすすめします。

お問い合わせはこちらから

お電話でのお問い合わせ

受付時間 10:00~19:00